ルパンや不二子に見守られ…モンキー・パンチさんしのぶ会

ルパンや不二子に見守られ…モンキー・パンチさんしのぶ会

祭壇はルパンのジャケットカラーに合わせ、バラなど3千本の赤い花で飾られた=東京都港区(塩浦孝明撮影)

 アニメ「ルパン三世」の原作者で、4月11日に肺炎のため81歳で死去した漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)さんをしのぶ会が14日、東京都港区の青山葬儀所で行われた。

 会にはアニメでルパン三世役の声優を務める栗田貫一さんや、次元大介役の小林清志さん、実写版映画でルパン三世を演じた俳優の小栗旬さんら多くの関係者や漫画家仲間が参列。銭形警部を演じた俳優の浅野忠信さんは、黒いハットに黒いコートの“銭形警部風”の装いで出席。一般のファンもあわせて約2000人が、モンキー・パンチさんをしのんだ。

 栗田さんは弔辞で「ルパン三世という大役を引き継いだときはさまざまなご批判もいただいたが、『何も心配しなくていいですよ、そのままでいいですよ』とおっしゃっていただいたことを思い出す。先生に見守られ、ここまで続けてこられた」と感謝を述べた。

 日本漫画家協会の理事長、里中満智子さんは、あるイベントでモンキー・パンチさんが雲の絵から、ルパンのキャラクターを描き出したエピソードを披露。「先生が描かれるキャラクターがずば抜けて躍動的なのはこれなのか−と納得した。キャラクター性と画面の斬新さで世の中に大きな刺激を与えてくださった」とその功績をたたえた。

 祭壇はルパンのジャケットカラーに合わせ、バラなど3千本の赤い花で飾られ、ルパンや次元、峰不二子ら主要キャラクターのパネルがモンキー・パンチさんの遺影を囲んだ。

関連記事(外部サイト)