吉本興業「会見内容を精査」 宮迫さんら会見に 識者は「旧態依然」

宮迫博之と田村亮が闇営業巡り吉本興業とのやり取り明かす 識者「会見すべきは吉本」

記事まとめ

  • 宮迫博之と田村亮が20日、闇営業を巡る謝罪会見で、吉本興業とのやり取りついて語った
  • 吉本の広報担当社は「会見の内容を精査しその上で後日速やかに取材に対応」としている
  • 識者からは「会見すべきは吉本側」「吉本興業の旧態依然ぶりが浮き彫り」との指摘も

吉本興業「会見内容を精査」 宮迫さんら会見に 識者は「旧態依然」

吉本興業「会見内容を精査」 宮迫さんら会見に 識者は「旧態依然」

吉本興業株式会社の建物外観=大阪市中央区(竹川禎一郎撮影)

 宮迫博之さん、田村亮さんが20日の会見で、吉本興業とのやり取りなどについて語ったことに対して、吉本興業の広報担当社は同日、「会見の内容を精査する。その上で後日速やかに取材に対応する」としている。また、田村さんとの契約について同社は「解消していない」という。

 同志社女子大学の影山貴彦教授(メディアエンターテインメント論)はこの日の会見について、「写真誌を法的に訴えるのかなどについて明快な答えが出せず、歯切れが悪かった」とする。また、「宮迫さんが最初についた嘘、そして吉本側が“静観”していたという期間など、初期対応を誤ったことが騒動をこれほど大きくした。会見すべきは吉本側だ」と話した。

 碓井広義上智大教授(メディア文化論)は、「メディアを通じて名前が売れて社会的影響力が大きく、世間のコンプライアンス(法令順守)意識も高まっているという自覚が芸人側に欠けていたのではないか。ただ記者会見を通じて、芸人を1人の人間として扱っていないかのような吉本興業の旧態依然ぶりが浮き彫りになった感がある。21世紀にエンターテインメントビジネスを行う近代的企業として疑問だ」と指摘した。

関連記事(外部サイト)