高須院長 尾畠春夫さん一時行方不明を心配「ヘリコプターで捜索救助にいこうと」

高須克弥院長、尾畠春夫さん行方不明説に「ヘリで捜索救助にいこうとしてた」と告白

記事まとめ

  • 高須クリニックの高須克弥院長が、スーパーボランティアこと尾畠春夫さんに言及した
  • 尾畠さんは東京から大分の自宅まで1100キロを徒歩で帰宅中だが、24、25日は姿見えず
  • その後無事が判明したが、高須院長は「ヘリで捜索救助にいこうとしてた」告白した

高須院長 尾畠春夫さん一時行方不明を心配「ヘリコプターで捜索救助にいこうと」

高須院長 尾畠春夫さん一時行方不明を心配「ヘリコプターで捜索救助にいこうと」

健康状態も気遣った

 高須クリニックの高須克弥院長(74)が26日、ツイッターを更新し、スーパーボランティアこと尾畠春夫さん(79)に言及した。

 尾畠さんは東京から自宅のある大分・日出町まで1100キロの道のりを徒歩で帰宅中。

 各所で目撃情報が伝えられるが、24、25日は姿が見つからず、ネット上では「行方不明説」も飛び交った。

 その後、静岡で無事が判明すると、高須院長は「行方不明と聞いて尊敬している尾畠春夫さんのことが心配。ヘリコプターで捜索救助にいこうとしてた。無事と聞いて安心。嬉しい」とツイートし、安堵の胸中を告白。

「浜松から豊橋に向かうらしい。高須病院の前を通る可能性もある。もし見つけたら健康診断してあげよう」と記し、尾畠さんの健康状態を気にしていた。

関連記事(外部サイト)