タックスヘイブン移住に国税批判 脱税起訴・青汁王子“言動の悪質さ”がアダ

タックスヘイブン移住に国税批判 脱税起訴・青汁王子“言動の悪質さ”がアダ

三崎優太被告

 タックスヘイブン移住と国税批判がアダになった。東京地検特捜部は4日、法人税など約1億8000万円を脱税したとして、法人税法違反などの罪で健康食品販売会社「メディアハーツ」社長で“青汁王子”こと三崎優太容疑者(29)と、法人としての同社を起訴した。

 起訴状によると、2015年9月期と17年9月期の計2年間、法人税約1億4000万円と消費税約4000万円を免れたとしている。特捜部の調べでは、脱税したカネの一部は北海道の家族への送金や、仮想通貨への投資に充てていたという。

 三崎被告は逮捕前「広告宣伝費を計上しただけ」と容疑を否認していたが、逮捕後は容疑を認め「税金を払いたくなかった」と供述。起訴されたことで今後の公判に向け「法的、社会的責任を取りたい」と罪を認める意向だという。

 主力商品「すっきりフルーツ青汁」で、売上高122億円(17年9月期)、自身の月収1億円を公言していた三崎被告。その容姿やメディアでセレブぶりを豪語し“青汁王子”と呼ばれていた。だが、かねて税制への反抗心があったことでマークされた。

「国税庁の査察は1年ほどかけて行われ、三崎社長は否認していた。年商122億円(17年9月期)の会社で1億8000万円の脱税レベルなら、謝って重加算税などを支払えば、逮捕はされないくらいの案件。それが告発、逮捕、起訴までされたのは、三崎社長の逮捕前の言動の悪質さを国税が重視したから」(税務関係者)

 三崎被告は逮捕直前に出演したテレビ番組で「昨年(18年)年末から日本を離れてマルタ共和国で暮らしている」と、タックスヘイブン(租税回避地)への移住を公言。「日本の税制が最悪だから、お金持ちは税制が寛容な海外に引っ越す。その結果、日本から優秀な人がいなくなる」などの持論をSNSで発信していた。

「日本の税制批判の本を書く構想も持っていた」(出版関係者)というが、一転して平謝り公判となりそうだ。

関連記事(外部サイト)