“カリスマ占い師”ラブちゃん 保釈ゴーン氏は「10月8日〜11月7日がポイントになる」

“カリスマ占い師”ラブちゃん 保釈ゴーン氏は「10月8日〜11月7日がポイントになる」

著書「鏡の中のりんごは何色ですか?」発売記念イベントを行ったラブちゃん

 本紙連載「LOVEフォーチュン」(隔週金曜掲載)でおなじみの“カリスマ占い師”「Love Me Do」ことラブちゃん(年齢非公表)が6日、都内で新刊「鏡の中のりんごは何色ですか?」(サイゾーから発売中)の発売記念イベントを行った。

 本書ではラブちゃんが占星術やタロット、易、陰陽五行論、ユング心理学を駆使し、4択でいろいろな悩みを解決する。国内の占いではほかにない、オリジナルのものだ。「恋愛、人生、未来予測、ラッキーネームなどが占えます。4択なので分かりやすい。悩んでいる人は、何かに導かれるようなインスピレーションが得られるようになっていますよ」

 業界でも抜群の的中率を誇ることで有名なラブちゃん。この日、東京拘置所から保釈された日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の“未来”について聞くと「10月8日〜11月7日がポイントになる」と指摘した。

「この期間に検察側が決定的な証拠を提示できれば、ゴーン被告を有罪に持ち込めると思います。そして次のポイントは2022年。判決がいつになるか分かりませんが、この年に“夢の世界に行く”と出ている。夢をどう捉えるか。刑務所に行くかもしれませんし、全く違う分野にいくかもしれません」

 今後、争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きが始まる。初公判は今秋とも言われており、ラブちゃんの予言に重なるのは確か。もちろん、手続きが長引いた場合、2020年にずれ込む可能性があるが、それでも検察側は整理手続きの段階で決定的証拠を突きつける必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)