日向坂46がデビューカウントダウンライブ キャプテン佐々木自ら「けやき坂46」に別れ

日向坂46がデビューカウントダウンライブ キャプテン佐々木自ら「けやき坂46」に別れ

日向坂46

 アイドルグループ「日向坂46」(キャプテン・佐々木久美=23)が6日、横浜アリーナで「デビューカウントダウンライブ」を開催した。

「欅坂46」の関連グループとして活動していた「けやき坂46(通称・ひらがなけやき)」が、2月11日に「日向坂46」に改名。晴れて「乃木坂46」「欅坂46」の先輩グループに肩を並べる、メジャーグループとなった。

 ライブ序盤のMCで佐々木は「盛り上がる準備できてますか!」と集まったファン1万2000人をあおる。ライブは2部構成で、前半は「ひらがなけやき」や人気曲「誰よりも高く跳べ!」など「けやき坂46」の楽曲で自分たちの歴史を振り返った。そして、前半最後のMCでは「これまでありがとうございました!」(佐々木)と「けやき坂46」に別れを告げた。

 後半は27日リリースのメジャーデビューシングル「キュン」からスタート。作詞家・秋元康氏による未発表曲「日向坂」がサプライズで披露されるなど、メジャーデビュー日への期待感をあおった。

「キュン」でセンターを務める小坂菜緒(16)は、アンコールのMCで涙を浮かべると「みんなで頑張っていきたいです」と決意表明。佐々木は「私たちは新たな坂を上り始めます。皆さん、ついてきてくれますか?」とファンに呼びかけた。日向坂は今後、どんな活躍を見せるのか。

関連記事(外部サイト)