舛添要一氏 ゴーン被告変装が連日トップのNHKに苦言

舛添要一氏 ゴーン被告変装が連日トップのNHKに苦言

舛添要一氏

 舛添要一前東京都知事(70)が8日、ツイッターでNHKに苦言を呈した。

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の保釈に触れ「ゴーン被告の変装姿は、ワイドショーネタとしては面白いが、事件の解明、日仏関係などの重要問題に比べて本質的な問題ではない」と指摘。

「私が皮肉を込めてツイートするのは自由だが、NHKTVニュースまでも2日間に渡ってトップでこのネタを扱うのはいかがなものか。視聴者は、そんなNHKを評価しないだろう」とあきれた。

 ゴーン被告は保釈の際、作業服に反射帯、帽子、メガネ、マスクなどで変装。8日には担当の高野隆弁護士がブログで「カルロス・ゴーン氏の釈放に際して行われた『変装劇』はすべて私が計画して実行したものです」と説明し、謝罪した。

関連記事(外部サイト)