「(透析)非導入の選択肢は必要」と発言の公立福生病院院長に、玉川徹氏が激怒

記事まとめ

  • 昨年、公立福生病院で40代の女性が透析治療の中止を選び、1週間後に死亡していた
  • 院長は「(透析)非導入の選択肢は必要」とコメントし、批判が殺到した
  • 病院の対応に玉川徹氏は「ある意味、自殺ほう助に近いと思う」と怒り心頭

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております