瀧容疑者「いだてん」代役に三宅弘城 脚本担当クドカンと同じ事務所

瀧容疑者「いだてん」代役に三宅弘城 脚本担当クドカンと同じ事務所

三宅弘城

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHKは19日、公式サイトで瀧容疑者が出演中の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の代役に、俳優・三宅弘城(51)を起用すると発表した。

 瀧容疑者が演じていたのは、東京・大塚の足袋屋「足袋の播磨屋」の店主、黒坂辛作。主人公・金栗四三にマラソン用の足袋を提供するという重要な役どころだ。

 三宅は「いだてん」の脚本を担当する宮藤官九郎氏(48)、出演している松尾スズキ(56)、阿部サダヲ(48)と同じ事務所の所属。宮藤氏の作品にもたびたび出演しており、気心の知れた仲といえそうだ。

関連記事(外部サイト)