ビジュアル系ロックバンドと過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」がPK対決

ビジュアル系ロックバンドと過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」がPK対決

ちぃたん☆(中)とZENSAIBOYS

 ビジュアル系ロックバンドの期間限定ユニット「ZENSAI BOYS」と、規格外の過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」がまさかの揃い踏みだ。

 このほど都内でビジュアル+スタイリング情報誌「Cure」6月号(4月20日発売)の企画で、同ユニットのメンバーHIRO(ヒロ、FEST VAINQUEUR)、公佑(コウスケ、LEZARD=ともに年齢非公表)と“フットサルPK対決”が実現した。

 ちぃたん☆といえば、愛くるしいルックスと激しすぎる動画で大人気。高知県須崎市のマスコット「しんじょう君」に似ているとして、須崎市から著作権侵害などで活動休止を申し入れられているものの、その勢いはとどまるところを知らない。

 初めて“生ちぃたん☆”を目にした公佑は「幼いころ、うさぎのぬいぐるみを着たキャラクターが怖くて逃げたことがあるんです。その時の恐怖心がよみがえりました(笑い)」とややビビリ気味。それでも「これを機にトラウマを克服したい」と意気込んだ。一方、小中高とサッカー部だったHIROは「視力が悪いという情報がある」と早くも相手の弱点を入手して腕をぶす。

 そして迎えた本番。まずはちぃたん☆がGKで、メンバー2人が次々にシュートを放つ。4発すべてゴールネットに吸い込まれ、ちぃたん☆はどうすることもできない。ところが、これでいつもの攻撃的なスイッチが入ったらしい。攻守交代したちぃたん☆は、視線を外すフェイントで1発目をゴールすると、まさかのカズダンス。続く2発目はおなかにボールを抱え込み、何と体ごとゴールに突っ込む荒技まで炸裂させた。反則も辞さないたくましさに、メンバー2人も大笑い。

 結局、勝負はうやむやになり、この日の試合は終了した。HIROは「まさかカズダンスまでするとは思わなかった」と目を丸くすれば、公佑もそのちぃたん☆のガッツに「メンバーに加えたいぐらい」と脱帽。ユニットの今後の活動に大いに刺激になったようだ。

関連記事(外部サイト)