48グループのNo.1歌姫SKE野島樺乃「ボーカル選抜」熱望

SKE48野島樺乃がAKB48グループ歌唱力No.1決定戦でグランプリに CDデビュー願望も

記事まとめ

  • SKE48の野島樺乃が「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」でグランプリを獲得した
  • 2位はAKB48の矢作萌夏で、小田えりなやSKE48山内鈴蘭らもファイナリストとして出場
  • 「リトル・マーメイド」やAIの楽曲を熱唱した野島は、取材で「自信を頂けた」と述べた

48グループのNo.1歌姫SKE野島樺乃「ボーカル選抜」熱望

48グループのNo.1歌姫SKE野島樺乃「ボーカル選抜」熱望

左から矢作萌夏、岡田奈々、野島樺乃

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストLIVE」が25日、東京・豊洲PITで行われ、約1600人を動員した。

 1月11日に開催された「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で、1位に輝いたSKE48・野島樺乃(17)らファイナリスト8人と、予選2位ながらも決勝大会に出場できなかったAKB48・小田えりな(21)が出演。生バンドの演奏をバックに、48グループが誇る歌姫たちが自慢の美声を響かせた。

 野島は、決勝戦でも披露したミュージカル「リトル・マーメイド」の「パート・オブ・ユア・ワールド」やAIの「Story」などを熱唱。「歌が大好きで、他のグループの方と一緒にハモリを練習したり、成長したなと思います。SKE48では選抜に選ばれたことはないけど、選抜じゃなくてもこんなすてきな舞台に立てたので、一人ひとりが輝ける48グループになればと思います」と願った。

 2位のAKB48・矢作萌夏(16)は、クリス・ハートの「I LOVE YOU」などを歌唱。見事な歌声でファンを驚かせ「もっともっとAKB48を引っ張っていく存在になりたい」と意気込んだ。

 囲み取材で、野島が「無名だった野島樺乃という名前をこの企画を通して、48グループの方々に少しでも知ってもらえたんじゃないかなと思います。自信を頂けた」と話せば、矢作は「かわいいだけじゃない! 中身を知ってもらえて『矢作ちゃん、歌上手なんだね』と握手会で言っていただけるのが、すごくうれしかった」と笑顔を見せた。

 また、48グループの“歌うま”9人でのCDデビュー願望を告白。野島は「今回の9人で新たなボーカル選抜として、シングルのカップリングでも本当にありがたいので、1曲頂けたらすごくうれしい!」と目を輝かせると、SKE48・山内鈴蘭(24)ら他のメンバーは「もっと言って!」と猛アピールした。

 野島は「センターで歌いたい気持ちはあるけど、一人ひとりがすごくすてきな声質なので、一人ひとりのソロパートがあれば」とお願いした。

関連記事(外部サイト)