梅沢富美男 キャッシュレス化に異論「祝儀をカードでっていうのも変な話」

梅沢富美男『とくダネ!』で新紙幣に言及 キャッシュレス化には異論を唱える

記事まとめ

  • 梅沢富美男が『とくダネ!』で新紙幣の1万円について「着物着て欲しい」と言及
  • デーブ・スペクターが日本の紙幣の特徴についてダジャレを言うと梅沢は苦笑い
  • 梅沢は「祝儀をカードでっていうのも変な話」と主張しキャッシュレス化に異論

梅沢富美男 キャッシュレス化に異論「祝儀をカードでっていうのも変な話」

梅沢富美男 キャッシュレス化に異論「祝儀をカードでっていうのも変な話」

梅沢

 俳優の梅沢富美男(68)が10日、フジテレビ系「とくダネ!」に生出演し、新紙幣に言及した。

 デザインが変更になり、新1万円札は実業家の渋沢栄一が起用される。

 しかし、梅沢は「お洋服じゃなくて、1万円は着物着てほしかったな」とボヤいた。

 また、デーブ・スペクターが日本の紙幣の特徴について「和紙? ワシもそう思った」とダジャレをかますと「本当にこの番組に出たくて、昨日、自腹でホテルに泊まったんですよ。緊張したんですけど、デーブのひと言でダラってしましたね」と苦笑いした。

 そして、話題はタンス預金の話へ。「ウチはそんなことしません」と現金派を主張した梅沢は、クレジットカードをめぐるトラブルを告白。

「カードを使って1回、大騒ぎしたことある。(カード会社から)電話かかってきて、いろんなこと聞かれるんで、しどろもどろしちゃって、カード使わなくなったんです。現金は必要ですよね。祝儀をカードでっていうのも変な話。味がないわな〜」と主張し、キャッシュレス化に異論を唱えた。

関連記事(外部サイト)