ジャニーズWEST メンバー自己アピールも「崖っ縁」らしく終了

ジャニーズWEST メンバー自己アピールも「崖っ縁」らしく終了

ジャニーズ事務所

 アイドルグループ「ジャニーズWEST」が15日放送の日本テレビ系「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP」に出演。CDデビューから5周年を迎えたが、後輩グループに追い抜かれ「今年が崖っ縁」と自虐コメントでスタジオを爆笑させた。

 2014年4月に「ええじゃないか」でCDデビューして5年がたったが、小瀧望(22)は昨年デビューしたKing&Princeに「すごい勢いでぶち抜かれた」と苦笑いすると、他のメンバーも「キンプリは売れ方がすごい」などと脱帽するばかり。

 いかに崖っ縁であるかを次々にアピールすると、番組ではメンバー一人ひとりが自己アピールするコーナーを用意。制限時間は20分だが、ここでも悲劇が起きてしまう。

 3番目に登場した神山智洋(25)が、サプライズで登場したダンサー・kazukiも交えてダンスを披露したのだが、みるみるうちに時間は経過する。

 続いて登場の桐山照史(29)が「おいしそうに牛乳を飲みます!」と一気飲みをしてみせると、小瀧は料理が好きで調味料に詳しいということで、水200ミリリットルに混ぜた微量の調味料を当ててみせると豪語。1つ目のグラスから水を口に含み「白ワイン」と答え的中。続いて2つ目、「グレープフルーツ」と答えるも正解は「酢」。しかもここでタイムアップとなり、なんともトホホな終わり方にスタジオは再び爆笑に包まれた。

関連記事(外部サイト)