指原莉乃 ツイッターでAKSに苦言連発

HKT48指原莉乃、NGT48山口真帆の卒業に言及 運営会社AKSに苦言を連発

記事まとめ

  • HKT48指原莉乃が22日にTwitterで、NGT48山口真帆の卒業発表について言及した
  • 指原は「信頼できる違う場所で輝けますように」と活躍を願った上で騒動を総括した
  • 指原は「預けられている人の不信感がわかってない」と運営会社であるAKSを一喝

指原莉乃 ツイッターでAKSに苦言連発

指原莉乃 ツイッターでAKSに苦言連発

指原

 HKT48の指原莉乃(26)が22日、ツイッターを更新し、NGT48の山口真帆(23)の卒業に言及した。

 山口は21日に新潟市で行われた公演で101日ぶりにステージに上がり、グループ卒業を発表した。卒業公演は5月18日に決まった。

 指原は「信頼できる違う場所で輝けますように」と今後の活躍を願った上で、騒動を総括。

「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」と苦言を連発した。

関連記事(外部サイト)