ダレノガレ明美の呼びかけで子犬救済の申し出殺到 残りわずか

ダレノガレ明美がSNSで子犬たちの保護を訴え、救済の申し出殺到し残りわずかに

記事まとめ

  • ダレノガレ明美が、山口・周南健康福祉センターで保護されている子犬たちを紹介した
  • ダレノガレは、残る期限48時間に「あと5匹!がんばれ! 諦めずにあと2日!」と訴えた
  • また、「なんで動物の命を奪わなきゃいけないんだろー 悲しいよ」と再度訴えた

ダレノガレ明美の呼びかけで子犬救済の申し出殺到 残りわずか

ダレノガレ明美の呼びかけで子犬救済の申し出殺到 残りわずか

ダレノガレ

 タレントのダレノガレ明美(28)が22日、SNSで呼びかけた子保護への協力が実を結びつつある。

 23日、ダレノガレは複数の子犬の写真を投稿し「1枚目の4匹の子と2枚目の3匹の子達はみんな里親決定しました! あと5匹!がんばれ! 諦めずにあと2日!
里親決定した子は幸せになるんだよ」と表明。

 残り数匹が、飼い主の登場を待っている現状を伝えた。

 子犬は山口・周南健康福祉センターで保護されている。

 残る期限は48時間でダレノガレは「なんで動物の命を奪わなきゃいけないんだろー 同じ命なのに んー悲しいよ」と再度訴えた。

関連記事(外部サイト)