池袋暴走10人死傷事故の加害者はなぜ逮捕されない

池袋暴走10人死傷事故の加害者はなぜ逮捕されない

ココリコ田中

 25日放送の日本テレビ系「ZIP!」は池袋の暴走事故を特集した。

 19日、東京・豊島区の池袋で高齢男性(87)が運転する乗用車が暴走し、通行人を次々とはねた。自転車で走行していた31歳の女性と3歳の娘が死亡。8人が負傷した。
 
 運転していた旧通産省の元官僚で工業技術院の元院長は逮捕されずに、入院している。

 番組では弁護士が、加害者が入院中のため「証拠隠滅」「逃亡の恐れがない」ことを理由に挙げ、「拘留ができないなら今、逮捕する意味はないと(警察は)考えている可能性がある」と解説した。

 元院長が退院し次第、逮捕の可能性は残すものの、警視庁は逮捕せず、在宅のまま捜査を続ける方針を示している。

 尊い母子2人の命を一瞬で奪われた被害者の夫は24日に会見し、悲痛な胸中を明かした。

 お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹(47)は「想像もできないような苦しい状況の中、ご自身が出されたこのメッセージは大切にみんな受け止めるべきだと思う。とても大きな意味があるメッセージ」と受け止めた。

関連記事(外部サイト)