香取慎吾 白石和彌監督「凪待ち」主演で見えた“闇”

香取慎吾が白石和彌監督映画「凪待ち」にて"闇"さらけ出す 役所広司のような色気とも

記事まとめ

  • 元SMAPで新しい地図に参加する香取慎吾が主演映画「凪待ち」の完成報告会見に出席
  • 白石和彌監督がメガホンを取った話題作にて、香取は自らの「闇」をさらけ出したという
  • 白石監督は香取起用について「役所(広司)さんのような色気があります」と評した

香取慎吾 白石和彌監督「凪待ち」主演で見えた“闇”

香取慎吾 白石和彌監督「凪待ち」主演で見えた“闇”

新境地を演じた役について語る香取

 元SMAPで「新しい地図」に参加する香取慎吾(42)が23日、都内で行われた主演映画「凪待ち」(6月公開)の完成報告会見に出席した。2年連続でブルーリボン賞監督賞を獲得した白石和彌監督(44)がメガホンを取った話題作。白石監督は人間の奥に潜む「狂気」を描き出すことに定評があるが、香取は「僕の狂気もスクリーンに映し出された」と言い、さらに「このタイミングで良かった」と自らの「闇」をさらけ出したという。その理由とは――。

 映画は「ギャンブル」と「震災」を柱に、香取演じる、ろくでなしの主人公・木野本郁男の“救済”の物語。ギャンブル依存症、殺人、いじめ、ヤクザなど、ダークな要素が盛り込まれる。白石監督が俳優・香取慎吾の奥に潜む狂気をスクリーンに映し出した。

 登壇した香取は「映画が完成してうれしく思っています。1人でも多くの人に見ていただきたいと思っています。郁男を演じることがつらかった。人の優しさがこんなに痛いものなのかと。言葉を掛けられれば掛けられるほど、自分(郁男)のふがいなさを知りました」と苦しみがあったことを明かした。

 白石監督は香取起用について「これまでに見たことがない香取さんがいると思います。ずっと、一緒にやりたいと思っていました。このタイミングでできることがすごくうれしい。印象に残っているシーンを1つだけ言うと、お金を借りるシーン。香取さんは絶対お金を借りたことないのに、そのシーンがうまくて。役所(広司)さんのような色気があります」と評した。

 本紙が「監督に自分の狂気を引き出された?」と聞くと、香取は「はい」と認め、監督同様「今このタイミングということが自分にとってありがたい」と語った。

 この理由について、映画関係者は「SMAP時代には決してできなかった“狂気の芝居”というものが、ジャニーズから独立して、その縛りがなくなったことで、自由に表現できるようになったことが大きいのでは」と指摘する。

 SMAP時代の香取といえば“底抜けに明るい末っ子キャラ”が定着していた。だが、同作では、酒、金、女、博打、喧嘩と正反対の自堕落な大人の男を演じる。

「アーティスト活動においても、作品にはものすごい闇を感じさせるものも多い。ブログで発表している絵もそれが表れている。あの明るい笑顔の裏に隠れた“闇だらけの香取慎吾”をさらけ出している」(前同)

 これまでアイドルとして表に出せなかった情念を芝居やアートという方法で表現できるようになったのも、ジャニーズからの独立が一つの契機になった。表現の幅が広がった時、白石作品に出会えたことが俳優・香取にはプラスになった。

 一方「アイドル・香取」の側面に関しては、テレビのレギュラー番組はいまだゼロ。こちらは相当厳しい戦いが続いている。ただ、27日放送のTBS系グルメトークバラエティー「人生最高レストラン」にゲスト出演する。

「ジャニーズへの忖度で、テレビ局も『新しい地図』の3人を起用することに消極的でしたが、最近ではTBSが徐々に門戸を開いている。最後まで稲垣(吾郎)のレギュラー番組を続けたのもTBSだし、もしかするとTBSから状況が変化するかも」とはテレビ局関係者。

 不良役に挑んだ作品が香取にどんな影響を与えるか楽しみだ。

関連記事(外部サイト)