舛添要一氏「平成の特色は戦争がなかったこと」

舛添要一氏がツイッターで、平成を振り返る 「この時代の特色は戦争がなかったこと」

記事まとめ

  • 舛添要一前東京都知事がツイッターで、平成最後の日に平成を振り返った
  • 舛添氏は「平成が終わる。この時代の特色は戦争がなかったことである」と、特徴付けた
  • 「国際紛争に軍事的に関わらないで済む時代は終わった。令和には覚悟がいる」と警鐘

舛添要一氏「平成の特色は戦争がなかったこと」

舛添要一氏「平成の特色は戦争がなかったこと」

舛添氏

 舛添要一前東京都知事(70)が29日、ツイッターを更新し、平成最後の日に言及した。

 5月1日から令和に移行する。平成を振り返った舛添氏は「平成が終わる。この時代の特色は戦争がなかったことである」と、特徴付けた。

 平成は31年続いた。同じ31年でも、昭和とは大きな違いがあった。

「30年間というと、たとえば1914〜1945年には世界大戦が2回もあった」とつづった。

 ただ、令和もこのまま平和が続くとは限らないという。

「日本は今や空母を持つ世界7位の軍事大国だ。国際紛争に軍事的に関わらないで済む時代は終わった。令和にはその覚悟がいる。自衛隊について、憲法改正は喫緊の課題である」と、舛添氏は警鐘を鳴らした。

関連記事(外部サイト)