高須院長 自身が開発した「包茎手術」の凄さ語る

高須克弥院長が自身が開発した包茎手術を紹介 「今頃注目されてる、温故知新だな」

記事まとめ

  • 高須クリニックの高須克弥院長が、自身が開発した包茎手術の3つの手法を紹介した
  • 高須院長の施術は患者への負担も大幅短縮、10分で包茎を治せるので長蛇の列だったとか
  • 高須院長は自身のツィッターで「今頃注目されてる、温故知新だな」と胸を張った

高須院長 自身が開発した「包茎手術」の凄さ語る

高須院長 自身が開発した「包茎手術」の凄さ語る

高須氏

 高須クリニック高須克弥院長(74)が8日、ツイッターを更新し、包茎手術に言及した。

 高須氏は「30年前の高須クリックの包茎手術はこれ使っていたよ」とつづり、3つの手法を紹介した。

「(1)クランプ式無血包茎手術器と
(2)レーザーメスと
(3)皮膚接着剤フィブリングルーを
使った包茎手術はかっちゃんの開発した包茎革命だった」

 高須院長のオリジナル施術は、患者への負担も大幅に短縮。

「10分で包茎を治せるので長蛇の列。一大産業。今頃注目されてる。温故知新だな」とのちの日本に大きな影響を与えたとして胸を張った。

関連記事(外部サイト)