広島の被爆少女を描いた小説がハリウッド映画化決定 主役に白人女優を起用し批判殺到

記事まとめ

  • 広島で被爆し、白血病で亡くなった佐々木禎子さんの生涯をハリウッドで映画化する
  • 主役には白人女優が起用され、米国内では「白人至上主義」だとして反発が広がっている
  • リチャード・レイモンド監督は原作者と綿密な協力関係の元で取り組んでいると説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております