百田尚樹氏“難病軽視”の佐藤浩市は「ちょっと勘違いしている」

百田尚樹氏が「ちょっと勘違いしている」と、佐藤浩市への怒りを改めて爆発

記事まとめ

  • 百田尚樹氏がインターネット番組で、佐藤浩市への怒りを改めて爆発させた
  • 百田氏は、佐藤が首相を虚弱体質に変更させトイレシーンも追加させたことに怒りを表明
  • 百田氏は「潰瘍性大腸炎、これ難病なんです。ちょっと勘違いしている」と語った

百田尚樹氏“難病軽視”の佐藤浩市は「ちょっと勘違いしている」

百田尚樹氏“難病軽視”の佐藤浩市は「ちょっと勘違いしている」

百田尚樹氏

 構成作家の百田尚樹氏(63)が14日、インターネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」に出演し、俳優の佐藤浩市(58)への怒りを改めて爆発させた。

 百田氏は24日公開の映画「空母いぶき」をめぐり、首相役を務める俳優の佐藤を「三流役者」と断定。さらに「私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と絶縁宣言を叩きつけた。

 ネット上では大騒動になっており「私、佐藤さんに会ったら殴られるんちゃうか。私のツイッターも炎上してん。『お前こそ三流小説家やないか!』と言われて。でも、これ、佐藤さんにひと言、ふた言、言いたいことがある」と真意を説明した。

 佐藤は当初、首相役を拒んだことを明かしたが、百田氏は「違うなと思ったら素直にやめたらいい」と不快感を示した。

 また、佐藤は一部漫画雑誌のインタビューの中で「体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と発言した。

 これについては「なにそれ!? 変でしょ? 体制派の役をやるのは嫌だと役者が言うのは。役者っていうのは本人のキャラクターと違うものを演じる」と突き放した。

 さらに「一番カチンときたのは、総理はすぐにおなかを下す設定にしてもらったということ。これは、明らかに安倍総理をやゆしていると思われても仕方がない」と語気を強めた。

 佐藤は首相を虚弱体質に変更させ、トイレのシーンも追加させた。
 
 これが難病の潰瘍性大腸炎を患った安倍晋三首相(64)をやゆしていると受け止められている。

 百田氏は「潰瘍性大腸炎、これ難病なんです。(一部の患者は)一生治らない。重い場合は、大腸を摘出したり、直腸を摘出するとてつもない難病。それで安倍総理は第1次安倍内閣を退いた」と指摘。

「おなかを下すって、果たしてそういうことやる理由があるのか。これは(佐藤のインタビューの)切り取りじゃない。(佐藤は)トイレのシーンも入れてもらった。もともとシナリオにそんなシーンなかった。潰瘍性大腸炎は安倍さん1人じゃない。日本中にいる。そういう人たちに向かって、配慮がなかったのか。ちょっと勘違いしている」とまくし立てた。

関連記事(外部サイト)