青木理氏 佐藤浩市を擁護 百田尚樹氏に「全文を読まれて批判しているのか」

元共同通信記者の青木理氏が百田尚樹氏らを指弾 佐藤浩市が炎上している話題について

記事まとめ

  • 「羽鳥慎一モーニングショー」は俳優の佐藤浩市が炎上している話題を取り上げた
  • 元共同通信記者の青木理氏は構成作家の百田尚樹氏らに向け、持論を展開した
  • 「インタビュー(の全文)を読まれてないんじゃないか?」と批判の声への疑問も呈した

青木理氏 佐藤浩市を擁護 百田尚樹氏に「全文を読まれて批判しているのか」

青木理氏 佐藤浩市を擁護 百田尚樹氏に「全文を読まれて批判しているのか」

佐藤

 14日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は俳優の佐藤浩市(58)が炎上している話題を取り上げた。

 24日公開の映画「空母いぶき」で首相役を務める佐藤は、インタビューでキャラクターを安倍晋三首相(64)を想起させる虚弱体質に変更したことを明かした。

 これに構成作家の百田尚樹氏(63)が「三流役者!」とかみつき、騒動になっていた。

 元共同通信記者の青木理氏は「経過を見ると、ネット上で一部の右派系のメディア人の人が『けしからん!』とやったことが炎上のきっかけ」と百田氏に言及。

 その上で「批判される方々はわずか1ページのインタビュー(の全文)を読まれてないんじゃないか?」と批判の声に疑問を突き付けた。

 全文を読めば、佐藤の真意は全く異なるとし「これ(全文)を読んで、安倍さんをバカにしているとか、病気をちゃかしているニュアンスは一切、ない。そこらへん、ちゃんと読まれて批判しているのか」と憤る百田氏を指弾した。

関連記事(外部サイト)