長澤まさみ 小手伸也のタッチ「気持ち悪かった」

長澤まさみ 小手伸也のタッチ「気持ち悪かった」

長澤まさみ

 俳優・小手伸也(45)が17日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演。芸能界の大物たちを怒らせていることが暴露された。

 舞台中心に活動してきた小手は2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」出演で注目され、フジテレビの「コンフィデンスマンJP」「SUITS/スーツ」と月9に起用されるなど遅咲き俳優としてブレーク。バラエティー番組出演など、“表舞台”に出てきた。つい先日まで通販番組のコールセンターのアルバイトをしていたが、仕事が忙しくなり「シフトに入れなくなった」と、俳優業一本になったという。苦労を重ねてきたことからマジメに見られるが、周囲から怒りのたれ込みが続出しているのだという。

「コンフィデンスマンJP」で共演した女優・長澤まさみ(31)は「距離感が気持ち悪い」とバッサリ。「女の子とお疲れさまとかってハグするんですけど、(小手さんは)同じように密着してくる」と暴露。トークイベントで突然顔を触られたことがあった。番組では問題のシーンを放送。「小手さんは手で汗を拭っているんです。その手で顔に触れてくるから…気持ち悪かった」と振り返った。

 妻から「臭い」と言われると明かした小手。「それでよく女優さんの顔を触れるね」と聞かれると「長澤さんは臭いと言わない」と平然と返した。なお、小手は突飛と思われる行動を「どこまでやれるかという挑戦です」と釈明した。

関連記事(外部サイト)