岡本健一「海辺のカフカ」台本に村上春樹氏のサインもらい大喜び

岡本健一「海辺のカフカ」台本に村上春樹氏のサインもらい大喜び

左から古畑新之、寺島しのぶ、岡本健一

 女優・寺島しのぶ(46)、俳優・岡本健一(49)らが20日、東京・港区のTBS赤坂ACTシアターで作家・村上春樹氏の原作舞台「海辺のカフカ」(21日〜6月9日)のゲネプロを行った。

 同舞台は、演出家の故蜷川幸雄さんが生前の2012年に演出を手がけて初演、15年に再演した。今年2月にはパリで公演し、このたび東京公演となった。

 岡本によれば「稽古場に蜷川さんの写真が置いてある」といい、寺島は「蜷川さんが作ったセットに負けないように世界観を表現したい」と誓った。

 2月のパリ公演は村上氏も観覧したという。同氏のファンである岡本は「楽屋に来てくださった」と明かし、「断られてもいいやと思った」が「台本にサインをもらった」とうれしそうに話した。

 寺島の夫であるフランス人のアートディレクター、ローラン・グナシア氏も友人を伴って見に来てくれたそうで「(感動して)涙止まらずの感じだった」。夫は鑑賞後も友人と舞台について語り合ったそうで「ダラダラと朝までしゃべる。こちらは芝居をやってきたが、帰してくれなかった」と“不満”を口にして笑わせた。

関連記事(外部サイト)