香山リカ氏「適応障害」で休養の丸山議員に大激怒「精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外」

丸山穂高議員が「適応障害」の診断書提出 精神科医の香山リカ氏はツイッターで激怒

記事まとめ

  • 精神科医の香山リカ氏が「戦争発言」で物議を醸した丸山穂高衆院議員に言及した
  • 丸山議員は「適応障害で2か月間の休養必要」との診断書を出し理事会の事情聴取を欠席
  • 香山氏は「精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外です」とツイートした

香山リカ氏「適応障害」で休養の丸山議員に大激怒「精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外」

香山リカ氏「適応障害」で休養の丸山議員に大激怒「精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外」

香山氏

 精神科医の香山リカ氏(58)が24日、ツイッターを更新し、「戦争発言」で物議を醸した丸山穂高衆院議員(35)に言及した。

 日本維新の会を除名になった丸山議員は、戦争発言のほかにも「おっぱい! おっぱい! オレは女の胸をもみたいんだ」「オレは女を買いたいんだ」などと暴言を吐き、泥酔騒ぎを止めに入った関係者に暴力的行為を働いた。

 騒動後は説明責任を果たすと強がっていたが、同日、衆院議院運営委員会が求めた理事会での事情聴取を欠席。さらに「適応障害で2か月間の休養必要」との診断書を提出してトンズラした。

 怒り心頭の香山氏は「精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外です。『逃げたいときには病気と偽装できるのか』と患者さんたちが誤解されます。適応障害とのことですが、ストレス因は自ら招いたもので、国会議員なら対応すべき範囲内です」と語気を強め、丸山議員をバッサリと切り捨てた。

関連記事(外部サイト)