モンキー・パンチさんが「ルパン三世」キャストにかけた優しい言葉の意味

モンキー・パンチさんが「ルパン三世」キャストにかけた優しい言葉の意味

モンキー・パンチさんの遺影

 4月に肺炎のため死去した人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家モンキー・パンチさん(本名・加藤一彦=享年81)をしのぶ会が14日、東京・港区の青山葬儀所で行われた。

 タレントの栗田貫一はルパンの声優2代目という大役をオファーされた当初、恐縮して「お断りした」と告白。それでも、モンキー・パンチさんに「何も心配しなくていいですよ」と声をかけられたという。「先生に守られてきて、続けてこられた」と頭を下げた。

 実写映画(2014年)でルパン役に起用された小栗旬もキャスティングされた時、萎縮したという。「できれば(ルパン役に)手を出したくなかった」と苦笑したが、モンキー・パンチさんに「やってみようか」と背中を押され、夢中で演じた。

 同映画で銭形警部役を務めたのは浅野忠信。当初は、ルパンの相棒である次元大介役のオファーだと思っていたという。

「僕は(次元と同じように)ヒゲも生えているし、見た目もこんな感じだから」

 想定外の銭形役には「自信を持ちきれない部分があった」が、撮影現場でモンキー・パンチさんから「とてもいいよ」とほめてもらい「自信を持って、リラックスして演じることができた」そうだ。

 テレビ局関係者は「こういったしのぶ会で、キャストが揃って配役に悩んだ心境を吐露するのもなかなか珍しい。圧倒的な人気を誇った作品、キャラクターだからキャスティングに賛否両論あった。そのためモンキー・パンチ先生は自ら、3人それぞれに寄り添って優しい言葉をかけたようだ」と故人に思いをはせていた。

関連記事(外部サイト)