吉高由里子 主演ドラマ放送延期に「娯楽は命あってのお話です」

吉高由里子、ツイッターで主演ドラマ最終回放送延期に言及 「娯楽は命あってのお話」

記事まとめ

  • 吉高由里子が18日に発生した地震の影響で主演ドラマの放送が延期になった件に言及
  • 吉高は「娯楽は命あってのお話です」とツイートし、被災地の無事を祈った
  • 18日はドラマ放送中に新潟県下越、山形で最大震度6強の地震が発生、放送中止となった

吉高由里子 主演ドラマ放送延期に「娯楽は命あってのお話です」

吉高由里子 主演ドラマ放送延期に「娯楽は命あってのお話です」

吉高由里子

 女優・吉高由里子(30)が19日、ツイッターを更新。18日に発生した地震の影響で主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が放送延期になったことに「娯楽は命あってのお話です」とつぶやいた。

 18日、吉高は同局の朝の情報番組からワイドショーまで生出演し、同ドラマの最終回をアピール。出演を終えると“電波ジャック”を報告し「あなたの1時間私に下さい」と呼びかけた。

 ドラマ放送中に新潟県下越、山形で最大震度6強の地震が発生し、直後からニュースに切り替わった。番組の公式ツイッター、インスタグラムでは「本日の『わたし、定時で帰ります。』最終回の放送は中止させて頂きます。最終回の放送に関しては、また決定次第、告知させていただきます」と放送延期を告知した。

 吉高はけさ「生きていれば 色んな経験があるんだなと 改めて痛感した1日になりました」と振り返り、放送が延期されたことに「娯楽は命あってのお話です」と理解を示した。そして、「被災地の方 どうかどうか ご無事でありますように」「皆さまが前向きな明日へと 心が向かう日まで 待ちたいです」と被災者を思いやった。

関連記事(外部サイト)