ピエール瀧被告の妻が“証拠隠滅”依頼か コカイン仲介役初公判で衝撃新事実

ピエール瀧被告の妻が“証拠隠滅”依頼か コカイン仲介役初公判で衝撃新事実

ピエール瀧被告

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52)にコカインを譲り渡したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた田坂真樹被告(48)の初公判が25日、東京地裁で開かれた。

 起訴状によると、3月11日に田坂被告の自宅近くの横浜市内のコンビニ駐車場で、瀧被告にコカイン6グラムを15万円で譲り渡したとされる。

 2人は20年ほど前に“クラブ遊び”を通じて知り合い、14〜15年ほど前までは「週に2〜3回遊んだりする」親しい間柄だった。瀧被告からコカインの代理購入を持ち掛けられたのは、7〜8年前。瀧被告から海外の密売人を紹介された田坂被告は、以来、売買の窓口になった。

 この日一番の衝撃は、瀧被告の逮捕当日をめぐる動きだ。これまで“被害者”と思われていた瀧被告の妻も“グル”であったことが判明したのだ。

 当局に夫が連行されると、妻はすぐに田坂被告に電話。合流場所は自宅ではなく、コカインを使用した別宅マンションで、到着した田坂被告は室内に置かれていたコンビニ袋に入った“何か”を捨てるよう妻から頼まれたという。

 その中身について、検察官は被告人尋問で再三「コカインではないのか?」と問いただしたが、田坂被告は「中を見ていないのでわかりません」とシラを切り続けた。

 田坂被告は最終弁論で涙ながらに「もう二度と、このような犯罪行為に関わりません」と宣言したが、瀧被告以外の人に迷惑がかかりそうな場面では言葉を濁した。検察側は同被告に懲役2年6月を求刑。弁護側は執行猶予を求めて即日結審した。判決公判は28日に行われる。

関連記事(外部サイト)