ピエール瀧被告 仲介役と隠語でコカイン売買

ピエール瀧被告とコカイン取引疑惑の田坂真樹被告 「隠語」を使用してやり取りか

記事まとめ

  • ピエール瀧被告にコカインを譲り渡したとされる田坂真樹被告の初公判が開かれた
  • 2人は20年ほど前にクラブ遊びを通じ知り合ったそうで取引では「隠語」を使用したそう
  • コカインは10グラム15万円程度が相場で、検察官曰く「入金は数十回にわたる」とも

ピエール瀧被告 仲介役と隠語でコカイン売買

ピエール瀧被告 仲介役と隠語でコカイン売買

ピエール瀧被告

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52)にコカインを譲り渡したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた田坂真樹被告(48)の初公判が25日、東京地裁で開かれ、衝撃の新事実が次々と明らかになった。

 起訴状によると、3月11日に田坂被告の自宅近くの横浜市内のコンビニ駐車場で、瀧被告にコカイン6グラムを15万円で譲り渡したとされる。

 2人は20年ほど前に“クラブ遊び”を通じて知り合い、14〜15年ほど前までは「週に2〜3回遊んだりする」親しい間柄だった。

 瀧被告からコカインの代理購入を持ち掛けられたのは、7〜8年前。瀧被告から海外の密売人を紹介された田坂被告は、以来、売買の窓口に。売人からコカイン入荷の連絡を受けると、田坂被告は瀧被告に“おうかがい”を立てるようになった。

 その際に用いられたのは「隠語」だ。田坂被告のスマートフォンのLINEには次のようなやりとりが残っていた。

「今度飲み会があって店を探しているんだけど、来る?」

「行く、行く。でも月曜じゃダメ?」

 ここで言う「飲み会」とは「コカイン」のこと。訳せば「コカインを仕入れたけど、買わない?」という意味で、田坂被告もそれを認めている。隠語を使いこなすあたり、かなりの上級者だ。

 コカインは10グラム15万円程度が相場で、代金は田坂被告の専用口座に瀧被告から振り込まれる。今年は1月に21万5000円、2月に15万円、3月に15万円の入金があった。検察官によると「7〜8年前から入金は数十回にわたる」というから、かなりの頻度だ。

 検察側は同被告に懲役2年6月を求刑。弁護側は執行猶予を求めて即日結審した。判決公判は28日に行われる。

関連記事(外部サイト)