日テレ「イッテQ!」でバービー負傷 吉本の混乱に乗じてシレッと発表?

日テレ「イッテQ!」でバービー負傷 吉本の混乱に乗じてシレッと発表?

バービー

 日本テレビは24日、人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)のロケで、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(35)が、左足アキレス腱を断裂したと発表した。

 バービーは22日、同番組の企画「女芸人一芸合宿」で、宮城で行われたロケに参加。宴会場で持ちネタを披露するコーナーでダンスを踊り、ステップを踏んでいる時に、左足に違和感を覚えた。

 その後に痛みを感じ、現地の病院で診察を受けたところ、左足アキレス腱断裂と診断。23日に東京都内の病院で手術を行った。

 全治3か月の見込みで、26日には退院予定だという。

 バービーは同局を通じて「どうしても踊りたいダンスがあり、沸き立つ思いを抑えきれず、魂の舞いを披露した結果、アキレス腱を切ってしまいました。誰よりも美しく高く飛びたい!という気持ちが腱に無理をさせてしまったようです。アキレス腱断裂は誰にでも起きうるものらしいので、みなさまお気をつけください」などとコメントした。

 バービーの負傷はこの日午後に放送された報道番組「news every.」でも伝えられた。だが、このタイミングで発表したことに“ある狙い”が見え隠れするとの声も。

「この日は吉本興業が、宮迫など闇営業を行った芸人11人を謹慎処分とすることを発表し、大きな話題となったばかり。この日の芸能界の話題は、これ一色になるのは間違いないから『このタイミングでバービーのケガもシレッと発表してしまおう』と思ったのでは!?」(芸能プロ関係者)

「イッテQ」では、5月にもお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんがインドでのロケ中に左足首を骨折。出演者の事故が続いているだけに、批判を浴びるのは間違いない状況だった。

 反社会的勢力の会合に出席した吉本芸人を隠れミノにしたというわけだが、果たして真相は?

関連記事(外部サイト)