関根勤「ボクが赤ちゃん、孫がお姉ちゃん役」 楽しい“じいじライフ”告白

関根勤「ボクが赤ちゃん、孫がお姉ちゃん役」 楽しい“じいじライフ”告白

関根麻里

 第2子妊娠中のバイリンガル2世タレント・関根麻里(34)が26日、都内で行われた英語入門知育玩具「テレビにうつって!リズムでえいご ワンダフルチャンネル」のPRイベント(セガトイズ主催)に出席した。

 麻里は今年のおもちゃ大賞を受賞した本商品の共同開発者。同社の拡張現実(AR)技術を生かし、テレビを使って体を動かしながら、楽しく英語を学ぶことができる。

「子供さんが楽しく英語を学べる機会があればいいなと思っているところにお声掛けいただき、企画開発から関わることができた。ワードのチョイス、手遊び歌の振り付けなどいろんなアイデアを出し、娘と一緒に試しながら開発した。じいじ(関根勤=65)も楽しく一緒に遊んだ」という。

 イベントには、その勤も登場。「1週間に9回、孫に会いに行っている。ボクが赤ちゃん、孫がお姉ちゃん役で遊んでいる。赤ちゃんをやってみると楽しい。もう一人生まれたら、末っ子プレーをしてみたい。まだ性別は分からないが、元気に生まれてくれたらどちらでもうれしい。もし、男の子なら関節技を教えたい。今から体を鍛えとかないと。4〜5歳くらいの本気の蹴りは痛いから」と楽しい“じいじライフ”を告白した。

 麻里は「順調に育っている。今日もポコポコ胎動していて、秋に家族が増える。娘も理解しているから、じいじと赤ちゃんごっこをしているんだと思う。楽しみにしている」とコメント。自身が女子高生の時には、勤が弟に扮する“弟プレー”を寝起きに仕掛けてきて、激怒したことがあるという。

 なお「テレビにうつって!リズムでえいご ワンダフルチャンネル」は27日発売される。

関連記事(外部サイト)