“イクメン”つるの剛士 独特の子育て術「勉強しなくていい」

“イクメン”つるの剛士 独特の子育て術「勉強しなくていい」

子育てについて語るつるの剛士

 子だくさんで知られるイクメンタレント・つるの剛士(44)が27日、都内で行われた次世代教育アプリ「Maria@home」制作発表会に出席した。

“おバカタレント”として一世を風靡したつるのも、今は上が高1、下は3歳の5児の父となった。高1の長男はカナダに留学中で「なかなか連絡をよこさない。男だからそんなものかなと思うが、そろそろ中2の長女も思春期に入った。親として日々悩んでいる」という。

 子供がスマホやタブレットに夢中になるのは、現代の親の悩みの一つだ。つるのは「僕は子供のころファミコンに夢中だった。それから30年たった今、おバカタレントと言われながらも、人の道を外れることなく5児の父になれた。スマホのような機器をうまく使うか、心配するか。親御さんの悩みの種だろうが、僕は前向きにとらえている。親としても、ツールを使える親でいたい。SNSの動画編集、ゲームのストリートファイターUでは子供に絶対負けない!」と主張した。

 子育て法は独特だ。「私立に行っていた長男に『勉強しなさい!』と言っていたが、考えてみればおバカタレントがそんなこと言うなんて笑けてきた。だから『塾をやめていいから』と言って、代わりに僕が塾に通った。スッカラカンの頭だったから、勉強して学ぶことが楽しくなった」という。

 続けて「それで『別に勉強しなくてもいい。パパみたいに40超えて勉強して楽しくなることもあるから』と言うようになった。そうしたらすっかり自然児になった。裏山に犬の散歩に行ったら3時間後に帰ってきて、犬のほうが疲れている始末。今は海外の山の中にこもっている」と苦笑した。

 また、中2の長女・うたちゃんは抜群に歌がうまいという。「この間、風呂から鼻歌が聞こえてきてうまかった。ダンス部で踊りもうまい。本人にその気はないが、歌の道に進んだらどうかな。結構いけるんじゃないかと思う。なんならデュエットしたい」。子供の長所を見つけて育てる教育方針のようだ。

 アプリは27日からサービスがスタート。カリキュラム11回目まで無料で利用できる。主な対象は未就学児で、将来社会で活躍するために必要な、想像力や推論力をはぐくむという。司会はお笑いトリオ「安田大サーカス」団長安田(45)の妻でママタレントの安田さち(37)が務めた。

関連記事(外部サイト)