人気グラドルと「鯖缶」がコラボ!? しかも非売品

人気グラドルと「鯖缶」がコラボ!? しかも非売品

左から早瀬ゆめ、林ゆめ、桃月なしこ、十味、黒木ひかり、青山ひかる、川崎あや、アンジェラ芽衣

 人気グラビアアイドルやモデルが多数所属する芸能事務所「ゼロイチファミリア」の川崎あや(28)、林ゆめ(23)、青山ひかる(26)、アンジェラ芽衣(22)、桃月なしこ(23)、黒木ひかり(19)、十味(とーみ=20)、早瀬あや(25)が30日、都内で「コラボ鯖缶記念イベント」に出席した。

 伊藤食品の「美味しい鯖味噌煮」缶と同事務所がまさかの合体だ。イベントは一人ひとり、鯖缶を手に報道陣の撮影に応じるシュールな光景からスタートした。

 司会者が川崎にコラボした説明を求めると、青山やアンジェラは「私も知りたい!」「興味ある!」と事情を知らない様子。そこで川崎は「今回、鯖缶で有名な伊藤食品さんとコラボさせていただきました。でも、非売品なんです。営業用とかお世話になった方々、現場でお会いした方々にお配りして、伊藤食品さんの鯖缶とゼロイチファミリアを知ってほしいという思いで作りました」と説明した。

 従来の鯖缶と中身は変わらず、ラベルには事務所名が記載されている。

 すでに仕事現場でアンジェラと林は配って回ったとか。TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」に出演したアンジェラは、お笑いコンビ「爆笑問題」ら共演者に直接手渡したそうで「まあ、不思議な反応でした…」と苦笑い。それでも「太田さんはすごく喜んでくださって『なんだそれ! 鯖だ! 鯖だ!』と、本番前のスタンバイの時もずっとその話をしてくださいました」と気遣いに感謝した。

 報道陣も頭に「?」が浮かぶやりとりが続く中、川崎はめげずに「とってもおいしいです! 『あれ? 鯖缶?』って思うかもしれないけど、配っていけば『欲しい、欲しい』となる」とどこまでも強気。桃月も「お酒のつまみに食べました。お酒にも合います!」とアピールした。

関連記事(外部サイト)