ヒロミ ツイッターで暴言連発の丸山議員にあきれ顔「コイツのおかげで初めて国会が解散してほしいと思った」

ヒロミ ツイッターで暴言連発の丸山議員にあきれ顔「コイツのおかげで初めて国会が解散してほしいと思った」

丸山穂高衆院議員

 2日放送のフジテレビ系「バイキング」は“戦争発言”で日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)の新たな“暴言”を特集した。

 丸山議員は北方領土について「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか、反対ですか」などと元島民に酔っ払ってからんだことが大騒動となり、日本維新の会を除名された。5月24日に「2か月の休養が必要」との診断書を国会に提出したが、先月24日に内閣不信任案採決のため国会に姿を現した。

 1か月でスピード復帰した丸山議員のツイッターが問題となったのは、歌手・和田アキ子(69)へのつぶやきだ。和田が自身のラジオで丸山議員の問題に触れ「この人が出ると画面見ない。チャンネル変えますね」と発言。このニュースに丸山議員はツイッターで「偶然の一致というか私も見ていて和田さん出たらチャンネル変えてますね。一緒で光栄です」と反論。「というか最近はほぼテレビで姿見ないし、紅白すら出てないようですが」と“暴言”を浴びせたのだ。

 番組では丸山議員のつぶやきを紹介。タレントのヒロミ(54)は、笑いながら「政治のことならまだしも、和田アキ子にかみつくとは」とあきれ顔。番組コメンテーターによれば「丸山議員にとって戦争発言は過去のもの。もうなかったことになっている。役人出身だから悪い話は忘れる」とのことで、炎上目的の可能性もあるという。そんな丸山議員をミッツ・マングローブ(44)は「かまってちゃん」だと指摘すると、ヒロミは「番組で取り上げちゃダメなんだよ」と同調した。

 また九州地方の豪雨で避難勧告が出された時に、丸山議員がボーナスの使い道をつぶやいていたことで「国会議員としてどうなの?」と批判の声が上がっている。ヒロミは「国会にいちゃいけないタイプの人かもしれない。コイツのおかげで初めて国会が解散してほしいと思った」と早期辞職を願った。

関連記事(外部サイト)