三四郎・小宮「TBSと言ったら恵比寿に」滑舌悪くタクシー“誤着”頻発

三四郎・小宮「TBSと言ったら恵比寿に」滑舌悪くタクシー“誤着”頻発

左から「安田大サーカス」のクロちゃん、「三四郎」の小宮浩信と相田周二

 お笑いコンビ「三四郎」(小宮浩信=35、相田周二=36)が2日、都内で行われた「doda はたらく願いを叶えよう!七夕祭り」(パーソルキャリア主催)に出席した。

 小宮はキャリアを考えるイベントで「在学中、一度も褒めてくれなかった先生が、学園祭で漫才をやったら褒めてくれたし、高校で留年して親にずっと怒られていたので、芸人をやりたいと言ったら喜んでもらえた。一度きりの人生、自分のやりたい職業をやった方がいい」とコメントした。

 滑舌の悪さは折り紙つき。「タクシーで『TBSにお願いします』と言ったら恵比寿に着く。『日比谷にお願いします』と言ったら渋谷に行った。アルバイトの面接は15連続不合格。生きづらいが、コンプレックスを長所に生かせるのはこの世界くらい」。しゃべりを武器とする芸人としては致命的にも思えるが、短所を長所に変えてしたたかに生き延びている。

 もともと芸能人に憧れ、バカリズム(43)みたいになりたいと思って業界入りした。結果的に事務所は同じになったが「バンジーやドッキリばかりで、仕事の内容が思っていたのとは違う。どちらかというと、出川哲朗さん(55)や狩野英考さん(37)寄りになった」と笑わせた。

 そんな小宮は「女優さんと結婚したい。実は結構、ボクのことをいいと言ってくれる人が多いので。結婚はしたいな」と令和婚ブームに乗っかる姿勢を見せた。

 が、現実は甘くない。「広瀬すずさん(21)がいいと言ってくれたので喜んでいたら、1か月後には興味の対象がサンシャイン池崎さん(37)になっていた。CMで共演させてもらった高畑充希さん(27)は、僕の演技がよくなかったのか、しゃべってももらえなかった」と肩を落とした。

 一方、相田は東京五輪の陸上決勝チケット(13万円相当)に当選し、ツキに恵まれている。「強いて言うなら、浜辺美波さん(18)と結婚したい」と願望を告白。女優・蒼井優(33)と結婚した「南海キャンディーズ」山里亮太(42)に続けるか!?

関連記事(外部サイト)