丸山議員 東国原の批判ツイートに「おまゆう」「芸人さんにえらそーに言われてもね」

丸山議員 東国原の批判ツイートに「おまゆう」「芸人さんにえらそーに言われてもね」

丸山穂高衆院議員

 丸山穂高衆院議員(35)が4日、ツイッターを更新。自身について元宮崎県知事の東国原英夫(61)が「公人でありながら、私人を名指しで批判しているらしい」「方々を批判し、絡んでいる(しかも素面で)暇があったら、やらなければいけない事が山程ある筈」などとツイッターで批判したことに対し「えらそーに言われてもね」と反論した。

 北方領土について「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか、反対ですか」などと元島民に酔っ払ってからんだ丸山議員。5月24日に「2か月の休養が必要」との診断書を国会に提出していたが、6月25日に内閣不信任案採決のためにスピード復帰し国会に姿を現した。ツイッターでの活動も活発になり、先月29日にはラジオ番組で「この人が出たら見ない。チャンネル変える」と発言した歌手・和田アキ子に「偶然の一致というか私も見ていて和田さん出たらチャンネル変えてますね。一緒で光栄です。というか最近はほぼテレビで姿見ないし、紅白すら出てないようですが」と皮肉ツイート。それを取り上げたフジテレビ系「バイキング」には生放送中に「フジTVのバイキング、公共電波使ってまたまた宣伝ありがとうございます」とつぶやき、出演依頼があったことを明らかにした上で「司会してる坂上忍さんの飲酒運転で器物破損逃亡劇の件をやるなら少しばかりは検討しますけど、、残念だな〜。テレビで自分が映るのを見られるのは少し面白い」と、司会の坂上の過去を掘り起こした。

 東国原は「任期を全うしたい」と辞職を否定している丸山議員について「辞職しなければ、歳費や文通費等で年間約3200万円超の収入を確保でき、新幹線グリーン車乗り放題等の優遇措置を受けられる。任期は原則後約2年。2年で約6400万円超。勿論、全ては国民の血税」と指摘。丸山議員のつぶやきについて「公人でありながら、私人を名指しで批判しているらしい」とチクリ。「方々を批判し、絡んでいる(しかも素面で)暇があったら、やらなければいけない事が山程ある筈」と諭す。そして次回の選挙の際には「北方領土を武力行使での奪還」を公約に掲げるべきと提言した。

 丸山議員は東国原のツイートの1時間後に反応という素早さで「事務所からの移動中、今日の『おまゆう』に思わず大爆笑」と投稿。東国原の名前を出してはいないものの「暴行容疑で現行犯逮捕、傷害容疑で書類送検、淫行関係で事情聴取されたこともあるらしい芸人さんにえらそーに言われてもね」と続け、「まあ、これは小遣い稼ぎに協力する必要も名前出すバリューもないな」とぶっ放した。

関連記事(外部サイト)