宮川大輔 イッテQ!問題で目を潤ませ「一丸となって頑張ります」

宮川大輔 イッテQ!問題で目を潤ませ「一丸となって頑張ります」

報道陣の質問にしっかりと対応した宮川大輔

 お笑い芸人の宮川大輔(46)が8日、都内で行われた映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(8月2日公開)“ワイスピ会”結成報告会に出席した。

 レギュラー出演中のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の“やらせ疑惑”について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が5日、「放送倫理違反があったと言わざるを得ないと判断した」とする意見書について言及した。

 自身が出演していたコーナー「タイ・カリフラワー祭り」(2017年2月12日放送)と「ラオス・橋祭り」(18年5月20日放送)で実際には存在しない祭りをでっち上げたとされる問題。イベント後、報道陣から「『イッテQ』のBPOについて」と聞かれると、宮川はその場でしっかりと立ち止まった。

 宮川は「本当にお騒がせしてます。決まりましたので、僕はいつでも行く準備はできてます。あとは向こうの判断に任せたいと思います」と語り、「頑張ります」「ありがとうございます」「大丈夫です」とひと言ひと言かみ締めるように話した。

 さらに、「番組のスタッフ、キャスト、みなさんの士気はどうですか?」という問いかけには、「また新たに決まったら、一丸となって頑張ろうと思ってます。ありがとうございます」とコメント。慎重に言葉を選びながらも目を潤ませていた。

 同作は全世界で累計興行収入5000億円を突破した「ワイルド・スピード」シリーズの最新作。

 イベントには笑いコンビ「尼神インター」の誠子(30)と渚(34)も出演した。

関連記事(外部サイト)