大沢樹生「今の自分があるのもジャニーさんの導きのおかげ」

大沢樹生「今の自分があるのもジャニーさんの導きのおかげ」

大沢樹生

 アイドルグループ「光GENJI」の元メンバーで俳優の大沢樹生(50)が10日、公式ブログを更新し、9日に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)を偲んだ。

 大沢は「ジャニーさん、、」との題名で「『お母さん、来週から大沢君はレッスンに来れますか?』『大沢君、来週から電車に乗って一人でレッスン来れるかな?』『ユー、ローラースケートやってみない?必ずスターになれるよ。』『今日で僕から離れるけど負けるなよ!頑張りなさい!!』」と、故人との思い出をつづった。

 小6で恩師と出会い、イーグルス、サンデーズを経て光GENJIとしてブレーク。1994年にグループを脱退して、事務所を退所した。ジャニーさんとは、12年間の付き合いだった。現在は俳優のほか、プロデューサー業やプロレスラーとしてもマルチに活躍している。

 同僚だった赤坂晃(46)の2度にわたる覚醒剤事件、元妻・喜多嶋舞(46)との間にもうけた長男とDNA鑑定で親子関係不存在が認められるなど、波乱の人生の出発点はジャニーさんとの出会いだった。

「今の自分があるのもジャニーさんの導きがなければ有り得ないことです。ジャニーさん、本当に!本当に!!ありがとう御座いました。感謝してもしきれないです、、、心より御冥福をお祈り申し上げます」と、大沢は偉大な故人に思いをはせた。

関連記事(外部サイト)