【NGT山口真帆暴行騒動】傍聴券倍率は約3倍 男性ファン「真相を明らかに」

【NGT山口真帆暴行騒動】傍聴券倍率は約3倍 男性ファン「真相を明らかに」

山口真帆

 新潟県を拠点とするアイドルグループ「NGT48」の運営会社「AKS」が元メンバー・山口真帆(23)への暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性2人に3000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日午後1時30分、新潟地裁で開かれる。

 47の一般傍聴席をめぐって約3倍の150人が抽選の列に並んだ。

 新潟県新発田市在住の50歳男性ファンは「ファンとしては、(犯人グループと)どのメンバーがつながっていたのかを知りたい。他のグループでは起きていないことがなぜNGTでは起きてしまったのか少しでも真相が明らかになればいい。NGTだけがこうしたことにうやむやになってしまっているのか。教育の徹底もしてほしいと思う」と願った。

 訴状によると、NGTファンを名乗る男性2人は昨年12月8日、山口の自宅前で山口の顔をつかむなど暴行。事件後に山口に経緯を聞かれ、他のNGTメンバーが関与していると答えたため、グループ内の信頼関係を損ね、活動休止を余儀なくさせたなどとしている。

関連記事(外部サイト)