野沢直子が吉本坂46卒業を発表「両立難しくなった」

野沢直子が吉本坂46卒業を発表「アメリカでの生活との両立が難しい」と説明

記事まとめ

  • 野沢直子(56)が、SHOWROOM生配信で「吉本坂46」からの卒業を発表した
  • 「吉本坂46」は、秋元康氏と吉本興業が展開「乃木坂46」「欅坂46」も続く坂道シリーズ
  • 応募者1747人の中から書類選考やダンス、水着審査を経てメンバー46人を発表した

野沢直子が吉本坂46卒業を発表「両立難しくなった」

野沢直子が吉本坂46卒業を発表「両立難しくなった」

野沢直子

 お笑いタレントの野沢直子(56)が10日、SHOWROOM生配信で「吉本坂46」からの卒業を発表した。8月18日の握手会(パシフィコ横浜)が最後の活動になる。

 野沢は吉本興業を通して「この度、吉本坂46から卒業することとなりました。アメリカでの生活と、吉本坂46の活動の両立が難しくなり大変残念ですが卒業という結論に至りました」と理由を説明。「8月18日の握手会まで全速力で活動していきますので、応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 吉本芸人による「吉本坂46」は、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクトで「乃木坂46」「欅坂46」も続く坂道シリーズ第3弾として結成。応募者1747人の中から書類選考やダンス、水着審査で80人が最終審査に進み、昨年8月20日に正式メンバー46人が発表された。

 これまでにシングル2曲をリリース。17日の「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り」、8月4日の「TOKYO IDOL FESTIVAL2019」出演が決まっている。

関連記事(外部サイト)