松山千春&S・セガールも駆けつけた! 鈴木宗男氏を応援

松山千春&S・セガールも駆けつけた! 鈴木宗男氏を応援

応援に駆けつけた松山千春

 歌手の松山千春(63)が14日、参院選(21日投開票)で日本維新の会から比例代表で出馬している鈴木宗男氏(71)の応援演説に駆けつけ、千春節で激励。またハリウッド俳優スティーブン・セガール(67)も宗男氏の応援に登場した。

 松山は6月上旬に急性咽頭炎と診断され、コンサートツアーの一部中止に追い込まれた。先月26日に復帰したもののノドの状態が危ぶまれ、参院選の街頭での応援演説は厳しいとの見方もあったが、35年以上にわたってタッグを組んでいる同郷・宗男氏のピンチに黙っているはずがなかった。東京・有楽町をはじめ都内3か所でマイクを握った。

「日本の借金はたまりにたまって1000兆円。こんなたくさんの借金を残して死に切れない。維新は大阪で行財政改革をやった。大阪でできて日本できないはずがない」と聴衆に問いかけ「日本の政治家で一番、声なき声を聞いて、全国を駆け巡っているのは間違いなく鈴木宗男。歌い手も政治家も一人では何もできない。みんなで支えられてバッジがつくし、コンサートが開ける」と支持を訴えた。

 また東京駅前での街頭演説には、映画「沈黙」シリーズで有名なセガールがロシア・モスクワから来日した。米国、ロシア、セルビアの3重国籍を持つセガールは一昨年、ロシア外務省から特別大使に任命され、北方領土問題に取り組む宗男氏と懇意にしているという。宗男氏が持つロシア人脈の一端が垣間見えた格好だ。

 今回の参院選で当落に関わらず最後の選挙戦としている宗男氏は、各会場で男泣き。「応援頂き、万感の思い。今一度、国会に行って北方領土問題の解決をさせてください」と声をからして訴えた。

関連記事(外部サイト)