小倉智昭 堀ちえみ脅迫した主婦にア然「全然、悪びれてないんだね」

小倉智昭 堀ちえみ脅迫した主婦にア然「全然、悪びれてないんだね」

小倉智昭

 16日放送のフジテレビ系「とくダネ!」は、堀ちえみ(52)のブログに「死ね」などのコメントを書き込んだ北海道在住の50代主婦が脅迫容疑で書類送検された事件を取り上げた。

 この主婦は昔からのファンではなく、最初は同世代の堀のブログを好意的に読んでいたが、大手掲示板や芸能人のウワサなどで「堀のブログはウソばかり」などと書かれていたのを見てから、「何でウソばかり書いているんだろう」「またウソばかり」と思うようになり、批判の書き込みをするようになったという。堀が舌がんを公表すると主婦の書き込みはエスカレート。病状、手術の終了を報告するブログに「死ねばよかったのに」とコメントしたほか、「死」の文字を使わずネット用語の「タヒ」を使う書き込みもあった。また「こんなに元気な舌がん患者なんているわけがない」と舌がんであることもウソだと思い込んでいたという。

 堀が警視庁に被害届を提出。事情聴取を受けた主婦は番組の取材に対し「『殺す』というなら私も脅迫だって分かるんですけど『死ね』でも脅迫になるんですねって感じ」「インターネットで10回くらい書き込みしたら、いきなりこういうことになった」と罪の意識はほとんどないようだ。主婦は番組の取材に「聴取は都合のいい日にと言われていた」「東京へ行ったのは高校の修学旅行ぶり」とあっけらかんと話し「東京の土地勘もないし、(実際に)するわけないじゃないですか」。また「二度と誹謗中傷はしません」と殊勝に話す一方で「もうブログは見ませんと」と言い放った。

 この主婦は「インターネットで10回くらい書き込みしたら、いきなりこういうことになった感じ」と

 小倉智昭(72)は「人に対して死ねなんて簡単に言えるもんじゃない。全然、悪びれてないんだね。死ね、殺すぞなんてのは日常茶飯事にありますけど、いちいち相手にできないし、訴えることも難しい。いい気分ではない」と、あきれ顔でコメントした。

 堀サイドは今回の件について「ネットの書き込みでも深く傷つく人がいることを知ってほしい。警察に相談し対応してくれたことに感謝していると言っていた」とコメントを寄せた。

関連記事(外部サイト)