AKBチーム8・倉野尾成美 南阿蘇村観光PR大使就任「復興の力になりたい」

AKBチーム8・倉野尾成美 南阿蘇村観光PR大使就任「復興の力になりたい」

観光PR大使任命書を持つ倉野尾成美

 AKB48チーム8の倉野尾成美(18)が17日、熊本県南阿蘇村観光PR大使に任命され、都内で行われた就任式と「熊本県南阿蘇村大応援プロジェクト」に関する発表会に出席した。

 47都道府県から代表メンバー1人が選出され、計47人で構成されるチーム8で、倉野尾は熊本県代表メンバーを務める。同村出身ではないものの、幼少期に何度も訪れ、今春卒業した高校も同村にあったという。

 倉野尾は「大好きな南阿蘇村の観光大使に選んでいただけてうれしく思います」と笑顔。「子供のころから家族でよくドライブで来たり、通っていた高校が村にあったりと私にとってなじみのある地域。すてきな場所がたくさんあるので、たくさん伝えていきたい」とアピールした。

 報道陣から2016年の熊本地震からの復興への思いを聞かれると、倉野尾は「熊本地震から3年、復興の力になれないかと頭の片隅に常にあります」と告白。念願の観光PR大使になったことで、「形のある復興への力になれるものになったと思うので、たくさんいいところを伝えていきたい」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)