テレ朝・村上祐子記者“不倫”疑惑場外バトル 夫・西脇氏の悲痛な叫び

テレ朝・村上祐子記者“不倫”疑惑場外バトル 夫・西脇氏の悲痛な叫び

政治記者・村上氏

 不倫疑惑報道が思わぬ場外バトルに突入した。今年4月に「週刊ポスト」で報じられたテレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ!」で進行役を務める同社政治部で元アナウンサーの村上祐子記者(40)の不倫疑惑報道で、村上氏の夫で同局法務部に勤務する西脇亨輔氏(48)が17日、夫婦が離婚訴訟係争中とツイッターで暴露していた国際政治学者の三浦瑠麗氏(38)にプライバシー侵害および名誉毀損で慰謝料300万円と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こした。本紙直撃に西脇氏の口から語られた“悲痛な叫び”とは――。

 事の発端は、4月に週刊ポストが「同僚夫は知らない“禁断の職場愛”」と題し、村上氏が10歳近く年下のNHK政治部の男性記者と、永田町近くのマンションに出入りする姿を報じたことだ。

 テレ朝は直後に「報道情報番組ということもあり、総合的に判断して『朝生』に関しては当面の間、出演を見合わせる」と発表。この措置に対し、朝生常連パネリストだった三浦氏はツイッターで「そもそも何年も別居し離婚調停後、離婚訴訟係争中の人を不倫疑惑とする方が間違い」「週刊ポストは村上さんの相手が破綻事由でないことも、離婚訴訟中であることも知ってて敢えて隠して不貞行為のように書いたでしょ」などと書き込み、村上氏と夫で元アナウンサーの西脇氏が離婚訴訟中との仰天事実を暴露し、村上氏を援護した。

 三浦氏はその後、出演した「朝生」でも、司会の田原総一朗氏とともに村上氏の出演見合わせ措置を取ったテレ朝上層部に「不法行為でない」と異を唱え、結果的に直訴が通じたのか、村上氏は6月28日深夜放送分から復帰。騒動は収束したかに見えたが、離婚訴訟中の“夫”は黙っていなかった。

 17日、報道各社にファクスした書面で「それまで報じられていなかった私と妻の離婚訴訟の状況などを晒し、夫婦関係は破綻していたと根拠なく決めつけました。プライバシーを侵害され、名誉を毀損された」と三浦氏を断罪。西脇氏自身は弁護士資格を持ち、本人訴訟となる。

 三浦氏は情報番組にもレギュラー出演する人気コメンテーターで、社会的影響力も大きい。西脇氏は同書面で「泣き寝入りはしたくない。人の痛みなどどうでもよいのなら、社会や政治を語る資格はないと思いました。そこで裁判を闘うことにしました」と思いをつづっている。

 西脇氏に聞いた。

 ――三浦氏の発言は看過できなかったのか

 西脇氏:そうですね。4月の時点(三浦氏のツイート)で、プライベートをさらされたことでの精神的損害がありましたが、あくまでふつつかな話なので静かに終えたかったが、正確ではない内容が広まっている。それが現在行われている裁判(村上氏との離婚訴訟)に悪影響が及びかねないので、提訴した。

 ――村上氏との離婚訴訟の状況は

 西脇氏:昨年末からで、内容についてはプライバシーの部分で表に出す必要はない。裁判にも影響しているが、別居しているとか、離婚調停が終わっている事実関係は外に出さないでもらいたい。(三浦氏が)「夫婦関係は終わっている」と断言できることではない。それを断言したうえで風潮をつくり出されることは精神的にもつらかった。

 ――離婚訴訟中ということは村上氏とは別れたくないということか

 西脇氏:そうですね。裁判の中身になるので“思い”は勘弁してもらいたい。

 ――三浦氏のツイートは村上氏を援護したものともとれる。村上氏が頼んだのでは

 西脇氏:そこは正直分かりません。

 ――村上氏を巻き込むことになるのでは

 西脇氏:この件はあくまで三浦さんとの関係ですので、全く村上さんとは別のものです。

 離婚調停中に異性と関係を持つことは、不倫と問われないのが一般的だが、争いの余地は残すところ。もっとも西脇氏の訴えは夫婦間のプライバシーを世にさらされたことに尽きる。離婚、不倫問題で“正論”を放ったかに見えた三浦氏だが、西脇氏の提訴にどう対処するのか?

 三浦氏に提訴について問い合わせたところ「まだ訴状は受け取っておりません。しかしマスコミに送られた西脇氏の文書はマスコミの方からいただき拝見しました」と回答。元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が代表を務める「橋下綜合法律事務所」に代理人を依頼したことを明かし、争う構えだ。

関連記事(外部サイト)