人気上昇中5人組アイドル「ワンダーウィード」 9月にメンバー卒業も雑草魂見せる!

人気上昇中5人組アイドル「ワンダーウィード」 9月にメンバー卒業も雑草魂見せる!

デビュー4周年を迎えたワンダーウィード

 5人組の女性アイドルグループ「ワンダーウィード」の新たな“雑草伝説”が始まりそうだ。

 2015年にデビューしたワンダーウィードは、ビートロック、ポップロックをベースにしたガールズユニットとして人気急上昇中だ。

 ところが先月28日、メンバーの上木ゆずか(23)が体調不良のため、9月中旬にグループを卒業することが発表された。

 公式ツイッターによると「ここ数ヶ月、偏頭痛に悩まされる日が続き、活動にも影響が出ており、今回の結論に至りました」という。

 関係者は「上木はマイペースな性格でしたが、振りや歌詞を覚えるのが速いメンバーだった。普段は物静かなのに、スイッチが入るとうるさくなるのも、キャラクターが立っていてファンから支持されていました」。

 昨年7月に加入したばかりだったので、活動期間としてはわずか1年ほど。それだけに嘆くファンも多い。

 だが、立ち止まっているわけにはいかない。グループとしての活動は順調で、今月27日にはデビュー4周年記念ワンマンライブを東京・シアターGロッソで敢行。また31日にリリースするシングル「バルタン星人」は、バラエティー番組「それって!?実際どうなの課」(日本テレビ系)のエンディングテーマになっている。さらに今夏の複数のアイドルフェスにも出演する予定だ。

 上木は「4周年ワンマンライブは私にとって最後のワンマンであり、初めてのホール会場なので、来てくれるお客さんに最初から最後まで楽しんでもらえるよう、最高の思い出にしたいです!」と意気込みを語った。

“ウィード”の意味は「雑草」。踏まれても踏まれても立ち上がり前に進む思いが込められているが、グループはその名の通り突き進むつもりだ。

関連記事(外部サイト)