ロンブー亮 吉本の対応に戸惑い「どんどん不信感が出てきた」

ロンブー亮 吉本の対応に戸惑い「どんどん不信感が出てきた」

号泣する田村亮

 闇営業問題で19日に所属先の吉本興業から契約を解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けている「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を開いた。

 宮迫は契約解除となった吉本興業について「大阪人で生まれ、18歳で入らせていただいて、こんなアホを30年間育てていただいた。吉本に対しては、そりゃ感謝しかないですよ」と号泣しながら話した。

 亮も「僕も一緒です。記者会見を開くのも、会社を攻撃するなんてことは1ミリも考えてない」と涙ながらに訴えた。今回の問題では、2人が弁護士を立てたことに吉本が態度を硬化させた面があったというが、亮は「どんどん不信感が出てきた。どこからか話が変わっていった」。

 記者会見について2人は「ずっとやりたい」と主張。亮は「ネットとかで全部見られるようにしてほしい」と言ったが、吉本から「それはこっちが決める」と拒否された。さらに「『在京のテレビ局5局と在阪のテレビ局5局は、吉本の株主やから大丈夫や』と言われましたが、何が大丈夫なのか分からなかった。とても不安になった」。

 会見の途中に吉本は、亮との契約解除も発表。今後については2人とも「引退とは考えていない」と、お笑い芸人は続ける意向を示した。また宮迫は「雨上がり決死隊」、亮は「ロンドンブーツ1号2号」というコンビを組んでいる。解散について聞かれると、亮は「淳と電話で話した時に『解散とは考えてない』と言われた」と明かした。

 また宮迫は「蛍原(徹)さんはいつも僕を立ててくれる。でも『コンビを続けよう』とは、今は言えない。あの人の、蛍原さんの意見に従います」と神妙に話した。

関連記事(外部サイト)