岡本社長「テープ回してないやろな」は「場を和ますための冗談」

岡本社長「テープ回してないやろな」は「場を和ますための冗談」

会見で涙を浮かべる岡本社長

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、都内で、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)らによる反社会的勢力への闇営業問題に関する一連の騒動についての記者会見を開いた。

 19日に吉本から契約解除を通知された宮迫は、翌20日に亮と2人で初めて会見。謝罪会見を早期に開催することを吉本に何度も求めたが、岡本社長から「(会見したら)全員首にするからな」などと言われ、会見開催を止められていたことを告白。社長による“パワハラ”とも思える言動に批判が起きた。

 また、宮迫と亮と会談した際に「お前ら、テープ回してないやろな」と発言したことについて「場を和ますための冗談だった」と驚きの釈明。これには報道陣からも驚きの声が上がった。

 度重なる要求がありながら会見を止めた理由について「事実関係が十分明らかになっておらず、芸人たちの意思が定まらなかった。その状態で会見を行うことは、かえって芸人を傷つけると考えた」と説明した。

 しかし、宮迫と亮は会社を通さずに20日に会見を開催。岡本社長は「一日も早く説明を、謝罪をしたい芸人との間で、意思疎通ができなかった。結果として本人たちにつらい思いをさせてしまった」と頭を下げた。

関連記事(外部サイト)