高橋洋子がミニ野外ライブ「選挙演説ではございません」

「新世紀エヴァンゲリオン」の"残酷な天使のテーゼ"を歌う高橋洋子が都内で野外ライブ

記事まとめ

  • 「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲を歌う高橋洋子が都内で野外ライブ
  • 高橋は、赤のド派手な振り袖姿で大ヒット曲「魂のルフラン」など4曲を披露した
  • 26日には「東京丸の内盆踊り2019」に出演予定、行幸通りのやぐらで歌うという

高橋洋子がミニ野外ライブ「選挙演説ではございません」

高橋洋子がミニ野外ライブ「選挙演説ではございません」

高橋洋子

 アニメ界の金字塔「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」で知られる歌手・高橋洋子(52)が24日、都内で野外ライブを行った。

 高橋は「選挙演説ではございません。無料のミニライブを楽しんでください」と先の参院選に引っかけてユーモアたっぷりに道行く人に呼びかけ、大ヒット曲「魂のルフラン」など4曲を披露した。

 五十路を迎えても美貌に衰えはなく、赤のド派手な振り袖姿で注目を集めた。26日には「東京丸の内盆踊り2019」に出演予定。皇居と東京駅をつなぐ行幸通りに設置された、高さ5メートルのやぐらの上で歌い踊るという。

 ミニアルバム「EVANGELION EXTREME」、新シングル「残酷な天使のテーゼ MATSURI SPIRIT」が発売中。世界的人気を誇る“アニメソングの女王”は今夏も絶好調だ。

関連記事(外部サイト)