大恩人ジャニーさんに感謝…稲垣吾郎が語った役者の“原点”

大恩人ジャニーさんに感謝…稲垣吾郎が語った役者の“原点”

トークイベントを行った稲垣吾郎(左)と安寿ミラ

 元SMAPの稲垣吾郎(45)が29日、都内でミュージカル「君の輝く夜に〜FREE TIME.SHOW TIME〜」(8月30日〜9月23日、新宿区・日本青年館ホール)のトークイベントを行った。

 昨夏に京都で上演された舞台が新たに生まれ変わり、今回、東京で上演される。稲垣と女優の安寿ミラ(59)、北村岳子(59)、中島亜梨沙(36)による、謎多き美しい恋物語。公演を記念してJR渋谷駅など都内20駅に、特製ポスターが掲載されている。

 稲垣は「真夏の夜に見に来てくださったお客さんとすてきな夜を過ごせたらなと思っています」と意気込んだ。

 イベント終了後、今月9日に死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長について聞かれると「そうですね、僕はグループの中でも一番怒られた。意外ですか? 合宿所にいたりもしましたし、(アイドルとして)全部教えてくれたのがジャニーさんでした」としのんだ。

 今後、お別れ会への出席を聞かれると「僕らも立場がありますのでね。出たいという気持ちはありますが、心が通じ合うことが一番だと思います。近くにいたいと思いましたけどね。ジャニーさんにも僕らの気持ちは届いていると思います」とした。

 ジャニーさんに怒られっぱなしだったが、唯一「褒められたことがあった」という。

「駆け出しのころ、連ドラ『青春家族』に出た時は怒られずに褒められたんです。それで『これでいいんだ』と思った記憶があります」と稲垣は懐かしそうに振り返る。

 最近では映画「半世界」や舞台など、役者業が忙しくなっているが「ジャニーさんに褒められたことが、いまの役者としての自分につながっていると思います」と感謝した。

関連記事(外部サイト)