小林麻耶“バカップル”評価で将来に不安

小林麻耶が芸能界再デビューし、夫のあきら。もタレントに 『バカップル』との評価も

記事まとめ

  • 小林麻耶が芸能界再デビューし、夫も『あきら。』の芸名でタレントデビューした
  • しかし、あきら。一人ではキャスティングできないという声が噴出しているという
  • また、2人はどこに行くにも手をつないでおり、『バカップル』との評価も出ている

小林麻耶“バカップル”評価で将来に不安

小林麻耶“バカップル”評価で将来に不安

小林麻耶

 フリーアナウンサーの小林麻耶(39)が6月に自身のブログ芸能界への再デビューを報告。同時に夫の國光吟氏(35)も「あきら。」(以降あきら)の芸名でタレントデビューすることを明かした。妹の麻央さんが亡くなってからふさぎこんでいた麻耶が、再び芸能界に戻ってこられるのは夫のおかげという見方もあるが、「バカップル」とあきれる声も出ている。

 小林が生島企画室から“再デビュー”を報告したのは6月10日で、その直後に、あきらが自身のブログで同事務所への所属を発表した。ただ、2人に対しては厳しい声が飛び交っている。

「あきらは、もともと宇宙とシンクロするスピリチュアルセラピーなるものを主宰していました。こうした彼の怪しさに、タレントデビューしたとはいえ、テレビ局からは麻耶とセットならば番組出演もできるだろうが、あきら一人ではキャスティングできないという声が噴出しているといいますよ」(大手広告代理店幹部)

 さらには、この2人を“バカップル”と称する声も出始めている。

「小林とあきらは、どこに行くにも手をつないでいるそうです。その様子は小林のインスタグラムでも何度もアップされ、週刊誌にも幾度となく掲載されている。夫婦仲むつまじいので、それはそれでいいのですが、それを売りにしているというのが、ちょっとね。いい年をして恥ずかしいかなという声が出始めている」(バラエティー番組プロデューサー)

 小林があきらにゾッコンになっているのはブログを通じても明らかだが、「これではバカップルとやゆされるだけで、小林もテレビから、すぐ切り捨てられるのではないかという声も聞こえてきますよ」(前同)。令和の新“バカップル”の賞味期限は予想以上に早いかもしれない。

関連記事(外部サイト)